BLOG

世界の先を行く、ロイヤル・コーヒー。

参照元:Royal Coffee

マニアックな内容を狭い角度で綴るこのブログ。
荒野の片隅でこっそり書いているような気持ちだったけど、
意外と読んでくれている人がいるらしいと知りちょっと嬉しい。
さらに狭い角度の記事を書き続けよう(でもたまにはマスに有用な情報も書こうと心がけてはいる)。

さて、ロイヤル・コーヒーの件。

ロイヤル・コーヒーはアメリカのコーヒー生豆の商社である。アメリカ西海岸を本拠地に、オークランド、シアトル、マディソン、ヒューストン、上海に倉庫を持つ。そのロイヤル・コーヒーが、サンフランシスコの対岸オークランドに「The Crown」というコーヒーラボとトレーニングルームをつくった。プーリー・コレクティブもできるし、コーヒーのシェア文化がますます盛り上がるオークランドですね。

知人がロイヤル・コーヒーを日本に持ってくるビジネスをするらしいので何となくHPを見ていたら、そのブログコンテンツの質が高すぎて驚いた。

生豆の商社なので、そのオリジンのストーリーやコーヒーの品種などを書いてあるくらいが普通である。ところがロイヤル・コーヒーの場合、カッピング・コメント、豆の密度、水分量、pHなどの成分に加えて、おすすめの焙煎プロファイルや抽出レシピまで書いてあるのだ!

しかも焙煎については、焙煎浅めと深めの二つのプロファイルのグラフまである。しかもグラフ中に変化のプロセスが事細かに書かれている。「二ハゼまでが短いから注意したほうがいい」など具体的なアドバイスも。

抽出についても同じく、ボナヴィータ(コーヒーメーカー)で淹れたらこの味が際立ち、ケメックスで淹れたらこの味が際立つというようなきめ細かさだ。

コーヒーはより全体性を帯びてくると思う。生豆の調達、焙煎、抽出、提供までが、もっとひとかたまりとして扱われるようになる。近年、トップクラスのバリスタさんが生産地に赴きコーヒーの精製などに関わるようになっているが、そのように、コーヒーを一貫して行う人が増え、結果的にすべてのレベルが上がっていくようになると思われる。

ロイヤル・コーヒーはその観点から、世界の先を行っている。
もうコーヒーのすべてが明るみに出る時代だなー。

Tags :
  • 記事はまだありません。

トップへ