BLOG

物語のはじまり その2

私達とフラグのワクワクする計画。
それは…
コラボレーションでカフェを出店する事だった!
サンフランシスコのジャパンタウン(日本町)で毎年行われている、
世界最大級のジャパンフェスだ。
金髪でコスプレの女の子が闊歩していたり、
おにぎり屋さんにサンフランシスコの人が大行列していたり。
とってもユニークなフェスなのだ。
DSC00474
私達が考えたのは、こんなコラボレーションだった。
私達は日本の喫茶店でよく使われるサイフォンで、
フラグはアメリカらしいドリップマシンで、
ヘンリーのコーヒーを提供する。
国境も世代も文化も超えたポップアップカフェだ!
10
サンフランシスコらしい小雨が降る中、
お客さんに興味を持ってもらえるか少し心配だったけれど、杞憂だった。
カフェは、大盛況!
すぐに持ち帰りたい人は、フラグのドリップを買って行く。
私達のサイフォンは時間がかかる抽出器具だから、
どんどん注文が増えて、どんどん行列が長くなって、
しまいには、20分待ちになってしまうほどだった。
それでもサンフランシスコの人達は快く待ってくれる。
「美味しい!」
「ヘンリーズだね、勿論知ってるよ」
「サイフォンってどういう仕組み?面白いね」
「写真撮っていい?」
IMG_1873
ヘンリーズのコーヒーをサイフォンで淹れるとめちゃくちゃ美味しいというのは、
日本で確認済みだったから、味には自信があった。
とろっとしているけれど雑味が無い風味豊かなコーヒーになる。
使ったのはこのコーヒー豆だ。
▼MERRY TIME
▼フラグ
DSC00478
フェスの来場者数は過去最高の12万人を超えたらしい。
日本のカルチャーがこんなにも熱く受け入れられているなんて!
なんだか感動してしまった。
でも一番心に残っているのは、
「何杯くらい売れてる?」「すごいね!」
なんて言い合いながらフラグと一緒に働けた事。シンプルに楽しかった。
コーヒーは優しく人をつなぐ。
そんな時間こそが MERRY TIME なんです。
  • 記事はまだありません。

トップへ