BLOG

TOKYO COFFEE FESTIVAL 2016 spring

東京・青山で開催された「TOKYO COFFEE FESTIVAL 2016 spring」に出展させて頂きました!

特にコーヒー好きというのでもなさそうな普通のカップルが小さな『飲み比べカップ』を手にワクワクした表情をしている。そんな風景はこの場所にしかないんだろうな、とコーヒーを淹れながら思う。

そのカップルはポールバセットのエアロプレスの抽出を興味津々で見ていたり(その人がエアロプレス世界チャンピオンとも知らず)グリッチコーヒーのフルーツジュースみたいな水出しアイスコーヒーに驚いたりしている。

コーヒーって面白い!
コーヒーに情熱を傾けている人がこんなにいるんだ。
そんなことを数千人の一般の人が楽しみながら感じていく。
本当にすごいことが起きていると思います。

2016_05_22_6

2016_05_22_9

2016_05_22_10

2016_05_22_3

2016_05_22_1

2016_05_22_5

第一回はコーヒーマニアが珍しいコーヒーを求めて集まった。
第二回はコーヒー好きが噂を聞きつけて集まった。
そして今回の第三回は、誰もが集まるフェスになった。
一部の人のためのものではなく、パブリックになったのだ。

私たちは有り難いことに第一回からすべて出展しているので、
その過程をダイレクトに感じてきた。

主催の大槻さんは情熱的で人懐っこくて、誰もが思わず助けてあげたくなるような人。
彼の思いがみんなを巻き込んでこのフェスティバルは実現した。

彼の思いはバリスタの仕事を世の中にもっと認めてもらいたいということ。
例えばオーストラリアでは美味しいコーヒーが日常にあることが当たり前で、
美味しいコーヒー屋しか儲からないので腕の良いバリスタは高給取りらしい。
でも日本はそうじゃない。

だからまずコーヒーの美味しさや楽しさをもっと多くの人に知ってもらおう。
そんなシンプルなことから彼は行動を始めた。
芯に思いがあるから人を巻き込むし続いていく。
新しい文化ってこういうふうに出来ていくんですね。

・・となんか業界人みたいに俯瞰して語ってしまったけど、
私たちとしては毎回すごく楽しいイベントなんです。
いろんなお客さんやコーヒー屋さんとお話できる最高の時間。
今回もたくさんの出会いや再会があった。次も楽しみ!

*今回は飲み比べ含めすべてのコーヒーをV60のドリップで提供しました!

提供したコーヒー豆:
Fourbarrel / Rwanda Simbi
Fourbarrel / Colombia Lucas Melo

photo by shoji

  • 記事はまだありません。

トップへ